マツキヨのももクロと笑顔の向こう側

ももいろクローバーZを中心とした備忘録です。

170101ももクロ☆「ゆく桃くる桃〜第1回 ももいろ歌合戦〜」後編

 f:id:matsukiyoz:20180105085644j:plain

 ももクリ埼玉、大阪と立て続けに落選していましたが、幸運にもカウントダウンは当選して2年連続行けることになりました。

今年の申し込みはファンクラブ(AE)受付が1人1枚で、AE2次や一般発売もなかったのであとはマッチングシステムのみというかなり厳しい状況でした。

 

会場に到着するとまずは物販列に並び、おみくじとポスターを買おうとしましたが、ポスターはすでに売り切れていました。

AEブースでは抽選会とミニ除夜の鐘をつき一旦会場の外にでました。

19時から3bjrのユニットが出演するサロンコンサートがあったので、後方から歌に耳を傾けていました。

ガチンコ3はテレビでは観てましたが生で観るのは初めてだったので楽しみでした。

はちみつロケットはメジャーデビュー発表時の映像で気になっていた「フレンドリーム」が聴けて良かったです。

ファンのコールも大きくてこれからデビューするチームの勢いを感じることができました。

コアラモードも加わり、最後の出演者全員の「七色シンフォニー」はとても良かったです。

2時間30分近くの豪華な無料ステージが終わるとももいろ歌合戦の開演時間間近だったので急いで認証を済ませて指定席を目指しました。

f:id:matsukiyoz:20180105085829j:plain

f:id:matsukiyoz:20180105090019j:plain

f:id:matsukiyoz:20180105090127j:plain

f:id:matsukiyoz:20180105090302j:plain

 

チケットを見て、去年は2階の最奥だったので1階というだけで喜んでいましたが着席したのは実質4列目ととてもステージから近い席でとても驚きました。

f:id:matsukiyoz:20180105092151j:plain

 

ももいろ歌合戦は第1回なのでどうなるのか想像がつかないというか、面白くなかったら寝てしまうかも・・・とか思っていましたが、そんな心配を軽く吹き飛ばして終始面白くて見応えのある貴重なステージでした。

 各アーティストが自ら選んだ曲をフルサイズで披露したり、ももクロとコラボしたりとライブならではの贅沢な時間でした。

 

氣志團の完成度の高いメドレーや大黒摩季さんのみんなで合唱した「ら•ら•ら」、小林幸子さんの絢爛豪華な衣装、大トリで登場したチーターこと水前寺さんの歌声も素晴らしかったですが個人的には、突如キーボードと真っ白の衣装で現れた指田フミヤ

with Kanakooの「花になれ」がベストアクトでした。

なぜこのコラボが実現したのかがとても気になります。

その後の「恋愛レボリューション21」は世代的にとても楽しみにしていましたが、感情が追いつかないくらい「花になれ」が素晴らしく余韻に浸っていました。(少ししてからは一緒にウォウウォウ イエィイエィしてましたが)

 

対戦結果はももクロ軍が圧倒的勝利で、最後には出演者全員で「365歩のマーチ」を歌い第1回ももいろ歌合戦は大盛り上がりで幕を閉じました。

この時点で時刻は11時45分くらいで年越しまで15分と一気に慌ただしくなり、間髪入れずにoverture。

「仮想ディストピア」始まりでさらに会場のボルテージは上がり、年越し5分前になると毎年恒例の「怪盗少女」。前奏の前から百田さんが片足ずつ前後に振って最終ストレッチをしながら気持ちが高まっていく姿はなかなか観ることができない場面だったと思います。

 エビ反りジャンプで年越しをして、新年1発目にふさわしい「ゴールデンヒストリー」。

「走れ!」や「Z女戦争」、「今宵ライブの下で」は席のおかげ中でも特に良かったです。

ラストは「白金の夜明け」でみんなに聴かせて2017−2018ゆく桃くる桃は幕を閉じました。

ももクロのライブ部分では全12曲、1時間超でとても満足のできる内容でしたが、当然のようにアンコールが発生しました。

最後の挨拶の時に「あの空」が流れていたし、配信番組の後のスケジュールもあったので今回は難しいかなと思いながらも会場もアンコールが止まりません。

客席も明るくならず5分経ち10分経ち少しづつ帰る人もでてきましたがそれでも続きました。

結局、アンコールは不成立。。

後になって歌合戦で中継を繋いださだまさしさんがライブをしている両国国技館へすでに移動していることがわかりました。

 ここに関しては賛否両論ありましたが、スケジュール上しょうがないとしても、会場の客席を明るくするや、公演終了のアナウンスをしっかりするなどしてアンコールなしのサインをもう少し早めにだすべきだったと思います。

と、小言はこのくらいにして(笑)

2017年の締め括り、そして2018年のスタートを最高の形で迎えることができたので今後もしっかりと追っかけて行けるようにマイペースに頑張りたいです。

今年もよろしくお願いします!

 

 

  

 

www.facebook.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽屋裏話など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.facebook.com

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

ameblo.jp

 

年明けももクロもテレビ出演ありましたが、マー君の方が露出度的にも多かったですね。

さすが世界のマー君です。

毎回ももクロの話題を出してくれて観ていても嬉しくなります。

来シーズンも心から応援しています!