ももクロジャパンツアー「青春」@香川

5/7に香川県・レクザムホール・大ホールにて開催された

 

ジャパンツアー「青春」@岡山

 

に参戦してきました。

f:id:matsukiyoz:20170509173226j:plain

 

 

 

朝は岡山でゆっくりして10時過ぎに出発し、PAで休憩しながら1時間30分程で目的地の「さぬき一番 一宮店」に到着しました。このお店は以前にこってりパトロールでメンバーが訪れたお店でもあります。店内はほぼ満席状態でしたが奥の座敷に上がりました。メニューはたくさんありましたが噂の背油入りうどん(チャーシュートッピング)にしました。鶏ガラスープで味はしっかりしていますがあっさりもしていてとても美味しかったです。うどんの中では断トツに好きな味でしたし、今まで食べたラーメンの上位にも入るくらいのインパクトのあるうどんでした。

席のすぐ近くがロケをした席だったのでサインを撮らせてもらい、入店したところの柱に貼ってあったステッカーも記念に撮りました。

f:id:matsukiyoz:20170509224938j:plain

f:id:matsukiyoz:20170509224928j:plain

f:id:matsukiyoz:20170509225100j:plain

f:id:matsukiyoz:20170509225500j:plain

 

 

昼食の後は会場近くの駐車上に車を停めて歩いて会場を目指しました。

以前、さぬき映画祭で訪れた時はあなぶきホールだったのが同じ建物で名前が変わっていました。階段を昇ったところに入口があり会場内では物販やガチャガチャが行われていました。最初に非公式生写真を購入し、ガチャのラバーバンドが欲しくなったので台を見定めて300円で回すと1回でラバーバンドをゲットすることができました。ロビーにはももクロを歓迎するスタンド花が飾られていました。準備して頂いたみなさまに心から感謝です。そして、15時30分になると念願の←公式の集合写真を撮るために会場下の階段に集合し写真を撮ってもらいました。この時点でこの日の目的はほぼ果たしたと言っても過言ではありませんでした。それからもこういう機会がないとなかなかお会いする事ができないので愛媛の人や、四国の人たちと一緒に写真を撮りました。

f:id:matsukiyoz:20170510003729j:plain

f:id:matsukiyoz:20170510003831j:plain

f:id:matsukiyoz:20170510172044j:plain

 

開場時間になりしばらくしてから入場。岡山よりは座席が後ろで反対の下手側でしたがホール(音響や座席の広さ)が良かったのでそんなことは気になりませんでした。セトリは固定だったので岡山とだいたい同じ感想になりますが、その分VTRが今回のツアーでは生きてくると思いました。香川の備忘録としては、

・VTRで高城さんのこんぴらさんのうどん学校で怪盗少女にのせてうどん踏み踏み

・その時の靴下(紫)がダサいと後で百田さんに指摘される

・その時の衣装が割烹着を着てたの?と玉井さんにいじられる

・そのうどん学校では普段からうどんを踏む時には怪盗少女をかけている

・おいりソフトで紫が多めなおいりをみて嬉しそうに美味しそうに食べる高城さん(釜玉ソフトも食べた)

・商店街三びきの子ぶたでサンドイッチを食べる高城さん

高松空港の登場シーンがお父さんそっくりとあーりんに言われる

 ・Huluの映像終わりで高城さんのアゴを掴んで今日は特に持ちやすい

・客席にHuluを観ているか聞くと正直な反応でメンバー大人会議の必要性を訴える

・夏のバカ騒ぎのスポーツとの融合を拒否するあーりん

・50m走あーりんは10秒、有安さんは11秒

・香川で海が見える野外(テアトロン)でライブしたことにふれる

・筋肉痛になるくらい盛り上がっていきましょうという煽り

 ・桃色空のももかなこが歌ったあと百田さんが高城さんの横へ行き耳打ちをして高城さんも耳打ちする

・GW終わるけどももクロのライブが思い出として挙げてくれると嬉しい

 

とにかく青春ツアー第1弾として四国香川に来てくれて嬉しかったです。第2弾、第3弾とまた四国に来てくれると思うとそれだけでもこれからが楽しみです。ライブ後は私の希望で「一鶴」の骨付鳥を食べに行きました。親鳥とむすびを頼み、アツアツのスパーシーで香ばしい歯ごたえのある骨付鳥をみんな無言で完食しました。

f:id:matsukiyoz:20170510101029j:plain

f:id:matsukiyoz:20170510172119j:plain

 

 

この2日間の移動はほぼノープランでしたが近県ということもあり運よく車に乗せて頂いたりして、終わってみると充実した遠征となりました。

今回のツアーはシンプルでありながらもたくさんのコンセプトやライブ時に前方にファミリー席、ワカモノ席、プレミアム席導入などの新しい取り組みがあり、これらがどのように伝わってどんな反響があるのか…、今はそういう時期だと思いこれからも自分なりに楽しんでいけたらと思います。