ももクロ「AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE」

4/12(日)に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された

 

「AbemaTV 1st ANNIVERSARY LIVE」

 

に参戦してきました。

 

f:id:matsukiyoz:20170429114702j:plain

 

 

f:id:matsukiyoz:20170429114759j:plain

 

 

 

 

~4/12~

今回は8時40分松山空港発、10時20分成田空港着、京成バスで東京駅へ。そこから上野駅へ向かい、前々から行きたかった「日の丸 さんじ」に到着。

 (閉店前だったので急いで入店し、お店を出た後に撮影)

f:id:matsukiyoz:20170425234426j:plain

 

まずは店内にある券売機で食券を購入。時間的に並ぶことなく席に座ることができました。

 

はい、ここぞとばかりに食べ過ぎですね。良い子はマネしないでください。

スタッフさんは、煮干しかcrabどっちを先に食べようか迷っていると煮干しの方を先にと勧めてくれたり、大将も気さくに話しかけてくれてくれたりして楽しく初さんじを堪能することができました。

 

そのあとは会場最寄の六本木駅へ移動。会場は六本木ヒルズの斜め向かいにあります。

f:id:matsukiyoz:20170426001737j:plain

f:id:matsukiyoz:20170426002250j:plain

f:id:matsukiyoz:20170426002623j:plain

f:id:matsukiyoz:20170426002656j:plain

f:id:matsukiyoz:20170426002741j:plain

f:id:matsukiyoz:20170426002804j:plain

 

この会場では2014年2月19日にももいろ夜ばなし第二夜『玄冬』」、2月20日に「(略)パンナコッタ」が連日開催され、2015年3月28日には「ももクロChan 地上波放送100回記念 公開収録リターンズ!!しつこいようですが、Chanの”C”は小文字じゃなくて大文字です」が行われ、私自身は4回目にして初のEX THEATER ROPPONGIでした。


 

会場に到着すると16時前で、開場時間(17時)も近かったので近くのコンビニで飲み物など必要な準備を済ませ、コインロッカーに荷物を預けさせてもらいました。ロッカーは1階正面右側奥と2階の階段をあがった所など数ヶ所にありました。

 

 

入場待機エリアは2階の屋上庭園でAブロック、Bブロックと簡単に柵で区切られていました。開場時間10分前になるとスタッフが整理番号1番から順番に呼び出して(毎度のことながらなぜかここで拍手が起こります。)建物の中で待機します。200番くらいまで呼び出されると開場時間になり建物内の階段をゆっくりと降りて、ドリンク代の500円を渡しドリンクコインを受取りました。

f:id:matsukiyoz:20170426005733j:plain

 

都心なので防音対策で地下にステージがあり、B1Fが指定席、B2Fも指定席(関係者席)とPAブース、B3Fがフロアの客席とステージという構造でした。1階からB3Fまで行くのに階段を何度も折り返さないといけなかったので思っていたより距離があるように感じました。B1FとB3Fにはコインロッカーもありました。

いよいよアリーナに入りセンター前方に位置取りました。スクリーンのabemaTVのCMを何度も見ているうちに開演時間に。

 

最初に下手から高城さんが登場し、AbemaTVの開局日と、ももクロに「Z」が付いた日が同じ4月11日であることなどが告げられ開会宣言の後、01. モノクロデッサンからスタートし02. 行く春来る春。春の一大事の時とは大違いでしっかりと振り付けを観ることができました。(この時点ですでにライブハウス最高と実感していました。)03. 行くぜっ!怪盗少女、04. Chai Maxx ZERO。久しぶりのチャイマZEROでしたが圧縮で振りコピできなくて少し残念でした。05. ツヨクツヨクを終えたところで今回の企画でもある「ももクロミッション」へ突入。

 

 

 

 

何の曲をやって欲しいか客席から聞いてから、箱の中にあるカラーボールをジャンケンして勝った順に引いていき1番目に有安さんが紫を、2番目の百田さんが緑を。緑は曲のパート的に引きたくないと言いつつここで緑を引く百田さんはさすがだと思いました。次に高城さんが赤を引き、最後に玉井さんとあーりんが同時に引き玉井さんがピンクであーりんが黄を引きました。高城さんは前回のカラー交換も赤だったのであーりんの黄と交換(あーりんは積極的に)して担当カラーが決定しました。

その後にもう一つのミッションであるサンシャイン池崎のモノマネは客席からあーりんコールが起こりあーりんがすることに。もともとのネタのカンペを見ながら即興であーりん風に変えて対応する起点の速さには会場が大爆笑でした。

最終的にカラー交換で歌う曲は「ゴリラパンチ」と「マホロバケーション」に決定しメンバーは衣装チェンジへ。

overtureが流れたあとツインテール姿の衣装チェンジしたメンバーが登場。06. ゴリラパンチは有安さんのパートが多い曲を百田さんはおもしろおかしく歌い、玉井さんはあーりんっぽく歌ったりして、07. マホロバケーションは歌詞やフォーメーションのスピードが速く難しい曲だが、メンバーは苦戦しながらもミッションをやり遂げた。

ここのMCでは、百田さんが「こういう時はみんな誰を見てるの?」と会場を見渡し、高城さんは「黄色の衣装を着てると、黄色のサイリウムを見ちゃう!」と言い、ピンク担当の玉井さんがあーりんパートの好きなところをあげ、「Link Link」と「サボテンとリボン」を歌いサンシャイン池崎ジャスティスでしめたのが印象的でした。

 衣装をチェンジしたまま普段のパートに戻り08. 勝手に君に、09. MOON PRIDE、10. Guns N' Diamond、11. サラバ、愛しき悲しみたちよ 4曲連続で披露。ムンプラはライブ中も終わった後も盛りあがる好きな曲です。

最後の12. 白金の夜明け は聴かせるバラードで会場全体を魅了しました。今回のライブの中で個人的には白金の夜明けが別格の様に良く感じました。

 公演が終了すると間髪入れずにアンコール発生。退場のアナウンスが微かに聞こえていましたが、それを上回るくらいのアンコールで誰も動こうとはしません。すると数分してメンバーが登場。先ほどカラー交換したマホロバケーションを本来のパートでもう一度してくれることになりました。1回のライブで2度聴けることも珍しかったですが、こういった予定には無かったアンコールやダブルアンコールが成功することは年間でも数少ないことなので、みんなのもう一度観たいという思いが声になりそれにメンバーや運営が答えてくれたことはとても嬉しかったです。

 

 

最初の方のMCで、先日の春の一大事DAY2のいつか君がで高城さんがコケた話しに。リハでは前奏に合わせて高城さんがコケてあーりんが手を差し伸べる予定でしたが、あまりにもリアルなコケ方だったので忘れてしまっていたそうです。気にかけていた真相がわかってスッキリしました。また、その話しの流れで有安さんがコケるマネをして前に出てきて、コケ方はヘタですが発表はしっかりします!と言い、東名阪のソロコンサートの追加公演が告げられました。(Vol.1をVol.0.5と言い間違えたのはご愛嬌ということで)

 

 

ライブの後はアべプラ出演があり、外は小雨も降っていましたが六本木ヒルズそばのけやき坂スタジオへ移動することに。その移動中数人に興奮冷めやらない状態で百田さんが緑の衣装を纏うと普段の赤とはまた違って、透明感が増し妖精の様だったと言ってもあまり理解して頂けませんでした。

 

到着した時にはすでに番組に出演中で、大人数の観客とガラス越しに観覧しました。今回は観覧中、動画撮影は禁止で写真はOK(フラッシュ禁止)だったので1枚だけ。

f:id:matsukiyoz:20170428015756j:plain

 トーク後、1曲披露して共演者と集合写真で本日出演終了。

 


 

今回も最後の最後まで楽しませて頂けて充実した遠征となりました。

f:id:matsukiyoz:20170428020332j:plain